任意整理

任意整理は、各債権者に対して返済を続けていくことを前提とした借金整理の方法です。

具体的には、債権者と個別に交渉して利息や毎月の支払額の減免をしてもらい、借金を減らす手続のことをいいます。

従って、一定の収入があり、借金がその収入で分割支払いできる範囲に収まっている方が対象となります。

裁判所などの公的な機関を利用しないで行われる点に特色があります。

任意整理のメリット

・利息制限法上の利率以上の利息を支払っていた場合は、法定利率に引き直して計算します。

・その結果、支払いすぎていた利息は元本の返済に充てるので、元金が減額できる可能性があります。元金に充ててもなお利息を払いすぎている場合、過払い金として返還請求ができます。

任意整理のデメリット

・あくまで任意の手続きのため、債権者が交渉に応じないこともあります。

・手続きをすると、通常数年間は金融機関から借金できなくなります。(信用情報機関に事故情報が掲載される≒ブラックリストに載る)

・借金が収入に比べて大きすぎる場合には、任意整理をしても無意味です。

手続きの流れ

1.相談(借金の額・利息、借金開始時期、借り入れ先などを聴取)
任意整理に関するご相談ならなんでもお気軽にご相談下さい。
2.債権者に「受任通知」を送り、また同時に取引履歴の開示請求をする。
賃金業者は、受任通知後の直接の取立てが禁止されています。受任通知と同時に業者あてに、最初に借り入れをした時からの明細を開示するよう請求します。
3.送られてきた取引履歴をもとに引き直し計算を行い、残債務額を確定
過払い金の返還分や債務残高などを計算し、総債務の確定を行います。
4.債権者と個別に交渉し、返済額や期間を確定する
今後の返済プランについての話し合い等が確定すれば、和解契約書を交わすことになります。なお、当事務所では、和解後の支払いを依頼者様に委ねております。(原則として返済の代行はいたしません。)

弁護士の紹介

ご相談の予約はこちら 043-388-0308

事務所までのアクセス

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル4階
TEL:043-388-0308

詳しいアクセス方法はこちら